知ってました!?仕事の効率を上げる3つの方法

朝、1日のスケジュールを15分単位で決める

朝、頭がすっきりしているうちに、今日1日にスケジュールを洗い出してみましょう。優先順位をつけて、15分単位で時間を設定していきます。この時、最優先事項は<午前中>も設定することが肝心です。面倒な業務、嫌な業務は後回しにしがちですが、朝のうちに片づけることで、達成感を得ることができ、またすっきりした気分で午後の仕事に向かうことができます。帰宅時には、予定通りに消化できたかしっかり確認しましょう。最初は目算が甘いかもしれませんが、徐々に「自分の仕事のスピード」も把握できるようになってきます。

TODOリストを作る

自分でスケジュールが決められない場合には、TODOリストを作っておくのがおすすめです。すなわち「やるべきこと」のメモを作っておくのです。手書きでもデータでも構いませんが、いつでもすぐに確認できるところにおいておきましょう。そして、終わったものから、順に消していきます。ポイントとしては、大小問わずリスト化しておくことです。ポストに手紙を出す、なんていうのでもOK!とにかく「リストから消す」と言うことがポイントです。達成感を味わい、次のやるべきことに気分よく向かっていけるはずです。

残業をしない、帰る時間を宣言する

ダラダラと会社にいることがサイアクの無駄です。会社にとってもうれしいことはありません。「仕事が終わったら帰る」ではなくて、「帰る時間までに仕事を終わらせる」と考えます。変える時間はもちろん定時が理想ですが、仕事の分量も見ながら、自分なりの締め切り時間を設定しましょう。また、「急ぎじゃない」と言われて仕事であっても、とりあえずの締め切りは設定しておきましょう。逆算して仕事に取り組むこと、自分の仕事のスピードを正しく把握することは、仕事の効率化において必須です。

仕事をする時にワークフローを用いるとスムーズに進んでいきます。普通にマニュアルよりもはるかに分かりやすいからです。

収納に困っている?それなら貸し倉庫を利用しましょう

貸し倉庫はとても便利なサービスです

収納が充実していない方に最適なのが、貸し倉庫のサービスです。スペースだけでは無く、温度や湿度管理をするための設備が充実している所も珍しくありません。そのため、自分の住んでいる部屋では、管理が難しい物でも保管をする事が出来ます。個人だけでは無くて企業も活用している例は珍しくありません。特に倉庫が無い、設置するスペースが無いという企業にも向いていると言えます。とても便利なサービスですので収納に困っていたら利用する価値はとてもあるのです。

屋内タイプトランクルームなどの特徴

貸し倉庫にも色々な形態があります。ポイントとして保管する物の特徴や、量を理解して選ぶと成功率を挙げる事が出来るのです。例えば収納スペースを貸し出しているような屋内タイプのトランクルーム等があります。これは不動産業者が提供している事が多く、専用の建物、あるいはフロアを仕切ったり、小部屋毎にスペースで値段を決めて提供しているタイプです。このような貸し倉庫では休日等は無く、何時でも利用出来るのがメリットです。ただ、貸し倉庫と比べるとセキュリティについては少し弱い麺もあります。

屋外タイプコンテナの貸し倉庫

貸し倉庫では改造コンテナタイプの物もあります。このタイプは早朝でも深夜でも利用する事が出来る物がほとんどです。ただ鍵についてはシンプルな物が多いでしょう。そして空調などがしっかりしていないケースもあります。そのために、温度や湿度の調整が必要な物を置くには適していないかもしれません。しかし中にはそのような設備がしっかりとしている所もあります。セキュリティについては、警備会社と契約をしていたり、監視カメラが付いている所が安心出来るでしょう。

精密機器などを保管しておく場合には、保管場所の耐震性能が重要となります。そこで、耐震にこだわった倉庫物件を活用していけます。

意外な落とし穴!玄関から個人情報が流出する?

玄関を見ただけでいろいろな情報がわかってしまう!

宅配便の配達やテレビや新聞の料金徴収、保険の営業などの目的で、毎日たくさんの人達がやってきますよね。玄関に来客を招き入れるだけで、プライバシーが流出している可能性があることをご存知でしょうか?例えば、玄関に置いてある靴を見ただけでも、住んでいる人の性別や年令など、さまざまな情報がわかってしまうんです。何が起こるか予想がつきにくい現代だからこそ、むやみに個人情報を知られてしまうことがないように気をつけたいですよね。

プライバシーを覗かれないように目隠しを!

外部からやってくるさまざまな人々から、個人情報を守るには、玄関をいつも整理整頓しておくことが大切です。靴が乱雑に散らかっている場合には、きちんと靴箱に入れるようにしましょう。また、玄関から他の部屋が見えると、さらにプライバシーが流出してしまう危険があります。玄関から他の部屋が見えないように、のれんを掛けたり、衝立を置いたりして目隠しをするのが基本です。また、カーテンをつけて内部が見えないようにするのもよいアイデアです。

郵便物や請求書を玄関に置かないで!

玄関に公共料金の請求書や、ダイレクトメールなどの郵便物を置きっぱなしにしておくのもよくありません。これらの請求書や郵便物を見れば、そこにはたくさんの個人情報が記載されているからです。マンションやアパートに住んでいる場合には、郵便物をこっそりと盗まれる危険もありますので、できるだけこまめに郵便物ポストから回収するように気をつけておくとよいでしょう。旅行や出張などで長期間留守にする場合には、郵便局に連絡して局留めにしてもらうという手があります。

機密文書は自社で処分する以外では、運送業者のリサイクルサービスを利用することが作業時間の節約に有効です。

どこよりも素早い運送のバイク便を活用する事

バイク便を活用するシーン

どこよりも素早い宅配業者のバイク便を活用するシーンに関しては、特に一分一秒を争う様な状況での依頼のケースが多い訳であり、会社などでは特に配送ミスなどをカバーする為直ぐに正しい商品を送ったりする中でバイク便を活用したりする事も考えられます。時間的な問題を考えれば、それぞれにバイク便を活用するシーンもしっかりと分る事となりより良い形で考えて対応すれば、急ぎの荷物も1時間以内には市内であれば届ける事が出来る様ですよ。

バイク便を活用するメリット

バイク便を活用するメリットを考えると、特にコスト面ではかかる訳ですがそれ以上の対価として市内配送であれば1時間以内に依頼した物を手元に届ける事が出来ます。どんな依頼者が活用するのかもその状況一つで変わる訳ですが、それでもバイク便を頭の片隅に置いて考える事とすれば、しっかりとバイクの力を利用しながらより良い形として考えていく必要があります。とにかく急ぎの荷物に対してはかなりメリットのある運送便となるでしょう。

バイク便のコストに関して

バイク便のコストに関しては、一般的な運送便の倍はかかる事となりますが、それでも対価としてはその商品を一番早く届けると言ったメリットがある事で、より良いバイク便の活用が行える事が望まれます。時間勝負となれば、色々な商品に対してバイク便も動いてもらえる事となり、とにかく1時間以内に商品を届ける事とすれば、安心してバイク便を活用していく事が出来ます。まずはコストパフォーマンスとしては時間内に届ける部分でメリットがかなり高くなるでしょう。

バイク便の求人を選ぶのであれば、募集要項を確認してほかの求人と比較することが大切です。比較することで、その職場の募集要項が自分に合っているか検討することに繋がります。