引っ越しの片付けちょっとの手間でラクチンに

引っ越しは大変うっかりは当然

人生で何度か経験する引っ越し。よほどの引っ越し好きか職業がら引っ越しが多い方でなければ、一般的な方の引っ越しは数回でしょう。経験していても、その大変さをつい忘れてうっかり同じような失敗を繰り返してしまいますよね。引っ越し業者に頼むとしても荷物の選別、不要な荷物の処分などやること考えることは盛りだくさん。さらに家事をこなし働きながら、引っ越し物件を探しながらでは気持ちに余裕が無く、やっと物件が見つかると、もう引っ越しは終わったような気分になってしまいます。しかし、ここからが引っ越し準備、片付けの本番なんですよね。

捨てるべきか持ってゆくべきか

引っ越しで片付かないのは、捨てるべきか持ってゆくか悩んでいる荷物、これがなかなか決められないものですよね。段ボールに出したり入れたりしているうちに、どの箱に何を入れたのか忘れてしまい一度しまった段ボールを開けて探すはめになったり。悩んでいても決められない、そんな荷物には、やや大きめの付箋紙、ポストイットに品名を書いて貼っておきましょう。文房具屋や100円ショップで買うことができます。段ボールに荷物を入れたらポストイットを貼り付け、段ボールから出したら剥がして荷物に貼っておけば良いのです。

引っ越しのうっかりミスを減らすには

ポストイットは、なかなか引っ越し準備で重宝します。廃棄荷物の回収予定日などを書き込んで貼り付けておけば、うっかり忘れることもありません。ただし、ガス台など火を扱うものは貼る場所に注意しましょう。片付けが終わった荷物のポストイットはバツ印などを書き込んで目にとまりやすい場所、たとえば冷蔵庫などに貼り付けておけば引っ越し準備の進行が分かりやすく一目瞭然。また、荷物を入れた段ボールに荷物の品名を書いたポストイットを貼り付けておけば引っ越し後に段ボールを探しやすくなります。多少見苦しいですが、引っ越し先での荷物確認の面倒さに比べれば目をつむっておきましょう。

環境負荷低減に向けた取組みとして、不用品の回収、再利用は有効な手段の一つです。以前はちりがみ交換が主流でしたが、最近では衣服のリユース等で持込み型の回収施設も増えています。