どんな地域でも大丈夫なのか!?太陽光発電のエリア問題

未来的なクリーンエネルギー

環境問題が叫ばれて久しい昨今。エネルギー問題は我々人間とは切っても切り離せない問題ですね。温室効果ガスの問題や発電の問題など、国としてエネルギー問題に重大な障害が多い中、エネルギーの自給自足という新たな発電方法に注目が集まっています。太陽光発電は、まさにエネルギーの自給自足ができるものとして近年急激に普及が広がっているものであり、発電した電力を売却することもできるため、設備投資のお金を回収することもできるという、資金面での自給自足も実現できるすばらしいエネルギーです。

太陽光発電と天候の問題

しかし、太陽光発電はとかく天候に頼らざるを得ないエネルギーです。晴れ間が続けばよいですが、たとえば梅雨時などは日本全国で晴れ間が少なくなり、太陽光発電によって十分に発電ができないということもないわけではありません。もちろん、梅雨などといったある特定の一時期に限られた天候問題であれば、あるいは問題が少ないかもしれませんが、たとえば雪国などのように、冬の間じゅうずっと曇り空が続くような天候の地域では、太陽光発電でどこまで発電できるのか多少なりとも不透明なところがあると言わざるを得ないかもしれません。

変換効率の高い太陽光発電

とはいえ、太陽光発電を含めたクリーンエネルギーというのは、近年開発が著しい分野であり、次々と新技術なども生み出されてきていることは事実です。そのなかで、変換効率の高い太陽光発電システムであれば、冬の間の雪の多い地域であっても、十分に元が取れるような発電システムも開発されているのです。とはいえ、やはり晴れ間の多い地域と比べると、発電量にも少なからず違いが生まれてくるものです。なので、雪国で太陽光発電システムを導入する際には、たとえばパネルの角度を工夫したり、面積を広くするなどの対策は必要になってくるでしょう。

太陽光発電の価格は、技術レベルの向上により、徐々に安くなる傾向にあります。パネルやシート状のタイプなど、種類も豊富になっており、今後も低価格で供給されることが予測されています。