トイレ詰まり修理の前に!作業前の準備3選

止水栓の場所を確認しよう

まずはトイレ詰まりが発生したら、慌てずに止水栓の場所を確認するのが大切です。止水栓は必ずトイレにはついていますが、トイレの形状によって止水栓のある場所はそれぞれ異なっているので注意しましょう。水をためるタンクが便座の後上についているタイプは、タンクから排水管が伸びているのでその先に止水栓がついています。タンクが便座の真後ろについているタイプの場合では、排水管が短く止水栓が下の方の影になってついている場合があるので、場所をしっかり確認しましょう。

止水栓を締めて水の流れをとめよう

止水栓の場所を確認したら、栓を閉めて水が流れるのを止めます。止水栓が開いた状態では、トイレのレバーを回せばいつでも水が流れてしまします。トイレが詰まっている状態で水が流れてしまうと、水があふれて床や下の階などにも被害が広がってしまっては大変ですよね。そのような被害を防ぐために、しっかり止水栓を閉めることが大切です。止水栓自体はマイナスドライバーを使用し、時計回りに回すことで簡単に締めることができますので、慌てずにゆっくり止水栓を閉めましょう。

ウォシュレットを止めよう

最近のトイレにはウォシュレットが常備しているタイプが多くなっていますので、トイレ詰まりの修理前にはしっかりウォシュレットのプラグを抜くのを忘れないようにしましょう。ウォシュレットはセンサーなどで反応することで、水がでてきますので詰まっているトイレでは水があふれる原因にもなります。また、水があふれた状態でプラグに水がふれることで感電の恐れも出てきます。そのようが被害を防ぐため、プラグを抜く時はゴム手袋を着用し、抜いたプラグは水にぬれないよう安全な場所に奥とよいでしょう。

水漏れの原因の特定は簡単なようで難しいので、修理業者に見積もり依頼を頼んで原因の特定をしてもらう方が良いです。